特長

コンクール出品
公立高校無償化に対応
公募展への応募をサポート

コンクール出品

これが、当教室最大の特長です。
なぜ出品するかというと、成長の一番の近道だからです。

1入選しても落選しても、絵を習う動機づけになります

入選者はさらに上の賞が欲しいと思い、落選者は今度こそ入選したいと思い、それぞれ励んでくれます。

2緊張感から絵を学べます

コンクールに出すから落ちなくないと思って絵を学ぶし、絵を学ぶからこそコンクールで実力を試したくなるものです。

3コンクールは近年増加傾向にあります

販促活動やPRと、メセナ活動を兼ねて、子どもの絵のコンクールを開催する企業・官公庁が増えました。少子化のさなか、これは大きなチャンスです。 世に出るからには、とことん出てみる。これこそ悔いの残らない道です。そして、それを応援してくれる状況が実際あるのです。世に出たくとも、コンクールが少なく、ごくわずかな審査員に見てもらう以外になかった昔とは雲泥の差です。

コンクール写真
4小学生というのは、落選を恐れないものです

これだけ出品するメリットがあり、落選を恐がらないとなれば、出さない道はありません。

なぜ恐がらないかというと、一つには恐いもの知らずの子供だからなのですが、もう一つ、子供だからこそ、どう描いたって下手だから、と、雑ながらもたくさん描いて、たくさん出品できるからです。そうして、年間何十というコンクールに出品すれば、一つ一つの落選など、親子ともども、どうでもよくなります。たとえそうでなくても、「みんなと一緒に落選すれば恐くない」と思って気を取り直すことが、ここに来たらやれます。そうこうしているうちに「数打てば当たる」で賞がもらえたりするのです。そして、一つでも賞を取ったら、あとはどれだけ落選しても恐いものなしです。

審査員という「観客」に受けたい。この動機は強烈かつ自発的なものなので、成長に利用しない手はありません。

5受賞率の高い教室です

なぜ受賞率が高いかというと、指導者のキャリアと、芸風の幅の広さが、他のアトリエと比べて群を抜いているからです。的外れな努力を子どもにさせない工夫があればこそ、世に出ろと言えるのです。

キャリアについては、30年間で2万点以上の作品をコンクールに出品してきたというのが一番のキャリアです。
また、個性を大切にする、という、勝つために一番重要なことが、指導者のキャリアと教養に支えられてできています。個性の尊重は、コンクールに出していれば誰でも気付く現実であり、芸術を学んだ人間なら誰でも認める真理でもあります。しかし、これを実際にやれる指導者はまれです。指導者の個性、教養や経験の幅、アトリエの経営状態等々、様々な要因と運もあり、我々は正しい路線を歩むことができていると思います。

芸風の幅についてですが、指導者自身、サイエンス・アートから抽象芸術まで、幅広く何でも描けます。デッサン、油彩、漫画に至るまで、何でもできるからこそ、年間20もの多様なコンクールの指導ができるのです。

また、講師全員、絵が上手いことが強みです。

絵が下手な先生が、アトリエの実績を作りたくてコンクールに出品させた場合、先生自身が技法に疎く、広い視野がないため、コンクール受賞率が恐ろしく低くなります。これでは受講生は苦労するばかりです。そのあげく、受賞を焦る先生が盗作したり代作したりするケースもあります。これでは、教育どころではありません。

実際、「コンクールに出してさえいれば儲かる」と当教室を真似て開業した県内他アトリエは、すべて廃業状態に至りました。

当教室では「下手な人は使わない」という方針のもと、国公立芸術大学レベルの腕をスタッフ全員に要求しています。

また、絵の裏に200字弱の作文を要求するコンクールが増えています。講師の増田和子が京都大学出身の経歴と、教室のために特許取得から国の補助金取得までこなしてきたキャリアを背景に指導にあたっています。

公立高校無償化に対応

公立高校無償化に伴い、優秀な中学生が公立高校に進学する傾向が出てきました。それに伴い、副教科である美術の内申点をめぐる競争も激しくなる可能性があります。

また、我々としては、「コンクールで賞取って自慢してそれで終わり」「取れるだけの賞を取ったら、さっさと美術をやめてしまう」という人生には、疑問を抱かざるを得ないと感じてきました。もちろん、進学の際に書類の備考欄に受賞歴を書ければ、それだけでも立派なものです。

しかし、コンクールでの受賞というのは、絵に関して自信をつけて、次のステップに向かうための、はしごのようなものだと思うのです。中学の成績や高校進学というのは、立派な次のステップです。また、将来、美術系大学に進学する場合、就職を重視するなら、可能な限り良い高校を出ていて欲しいと思います。

従って、中学校の美術の成績を上げるのに役立つ工夫を、小学生のうちから教えています。

公募展への応募をサポート

今まで長い間「絵を習いたい、描きたい。」と思い続けて来たけれど、仕事や子育てがあり、なかなか実現できなかった方もいらっしゃるでしょう。
そんな大人の受講生の方々の中に、公募展に応募するという新しい目標を掲げて、頑張っている仲間がいます。

公募展といっても、市展から県展、日展、二科、その他ありとあらゆる美術団体があります。
絶対落選しないアンデパンダン展から競争率10倍以上の公募展までさまざまです。

頑張りすぎない範囲で、あなたにピッタリの公募展探しを増田絵画教室がお手伝いいたします。
きっとあなたが最も輝く展覧会に出品して入選できますよ。