ピクチャーラック

教室内で好評販売中!
入園・入学祝いとしても人気です

ピクチャーラックイメージ

壁に掛けたまま一瞬で出し入れできます

  • 額縁は、壁から降ろさないと中の作品を変えられないのが悩み。壁から降ろした額縁をまた壁に掛ける時も、斜めになっていないか気を使うものです。
    そのせいで、ついつい、いつまでも幼いころの作品を飾ってばかりいませんか?
    あるいは、絵をファイルの中に入れっぱなしにしていませんか?
    本人にとって一番成長に役立つのは、自分の最近の作品を壁に飾って、毎日眺めることです。そうすれば反省するし、上手になります。
    ピクチャーラックは、壁に掛けたまま中身の入れ替えができるから、成長に応じて絵の飾り替えが簡単にできます。

ホコリがたまりにくい工夫があります

  • こういった、壁に袋を吊るすタイプの収納の場合、袋の中にホコリが溜まりがち。絵を入れ替えしなければ、ホコリは入らないと思っていませんか?実は、壁に掛けておくと、外から入ってきた虫の死骸や、絵から落ちた絵の具や繊維などが溜まっていくものです。3か月も壁に掛けておくと、知らない間に下の方にびっしりゴミが入っています。

    ピクチャーラックは下を密封せず、すき間を開けてねじで留めているので、入り込んできたゴミや絵から落ちたゴミが、すべて自然に下に落ちる仕掛けになっています。上の棒部分以外にホコリはたまりません。

額縁と違って落ちても割れません

  • 小さな子供のいる家庭では、たとえプラスチックやアクリルでできたものでも、落ちて割れるような物を壁に掛けたくはないですよね。ピクチャーラックはやわらかいビニールと帆布、木の棒とねじでできています。もちろん、割れません。

1ポケットあたり約15枚収納可です

  • いわゆる大量収納可能な額縁に、引けを取らない収納力があります。これだけあれば、お子様の近年の名作のすべては収納可能。それだけではなく、答案用紙や成績表も入れておけます。
    地図や、楽譜、大判の資料、書道の作品など、紙類なら何でもここに入ります。
    忘れちゃいけないものを、何でもすぐに入れて、いつでも目に入る所に置いておけます

ピン一本で設置できます

  • 壁に穴を開けたくない、という声にお答えしました。石こうボードの壁に設置する時は、写真にあるような石こうボード用のピンを利用して掛けて下さい。