増田雅予

増田雅予Masayo Masuda

1954年生まれ。
大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業。アカデミックな美術の技法を学ぶ一方で、現代美術作家としても活躍。
大学在学中に高校・中学の美術の教師の資格と、博物館学芸員の資格を取得。大学卒業後は、ヨーロッパの高級ファッションブランドのデザイナーとして勤務し、商業デザインの方法について学ぶ。

1979
増田絵画教室を設立。以後、30年以上にわたって営業を続け、2万点以上の子どもの作品をコンクールに出品する。
2001
老朽化したアトリエを建て替える。
2006
デザイン業界の進歩とデジタル化に対応すべく、DTP検定Ⅰ種(プロフェショナル)を取得。(出版・広告・印刷等のグラフィックデザインのための資格。)
2008
イオンモール橿原の建て増しに伴い、ジュージヤカルチャーセンターが橿原に進出。カルチャーセンター開店と同時に開講しないか、というオファーを受け、「子ども絵画」講座を開講。2年以内に満席にし、空席待ちリストを作るに至る。
2014
全国公募美術団体である現代美術家協会の主催する「現展・第70回記念展」で奨励賞。抽象表現の可能性を探求した作品で評価される。東京六本木・国立新美術館に展示され、大阪市立美術館にも展示される
2015
全国公募美術団体である現代美術家協会の主催する「現展・71回展」で会友推挙。東京六本木・国立新美術館に展示され、大阪市立美術館にも展示される。
増田和子

増田和子Kazuko Masuda

1980年生まれ。
3歳から増田絵画教室で絵を学び、大学卒業まで教室でデッサンに打ち込む。教室経営を助けるべく、二科展をはじめ各種絵画コンクールに応募を続け、大臣賞等、数々の賞を獲得。

1999
国立奈良女子大学文学部附属高等学校卒業。
2004
京都大学法学部卒業。在学中及び卒業後5年にわたって、同大学法学部の教授秘書として勤務。
2006
京都大学法学部法学研究科専門職学位過程(法曹養成専攻)卒業。
2008
「子ども絵画」をジュージヤカルチャーセンターで開講。
2009
「子ども絵画」講座の好評を受け、ジュージヤカルチャーセンターが一度経営に失敗した講座「子ども工作教室」を引き継ぐ。こちらの講座も「子ども絵画」同様、1年以内に満席にする。なお、同講座は現在も満席状態を続けている。
2010
「子ども工作」を嶋岡みどりに引き継ぐ。教室の改革に着手。
2012
「鉄鋼スラグと海と森」絵画コンクールで優秀賞。サイエンス・アートを評価される。
2013
「ピクチャーラック」の特許を取得。販売を開始。安くて便利な絵画展示・収納用具として好評を得る。
2014
中小企業庁の「小規模事業者持続化補助金」を獲得し、教室ホームページをリニューアル。      
2015
全国公募美術団体である現代美術家協会の主催する「現展・第71回展」に入選し、東京六本木・国立新美術館に展示され、大阪市立美術館にも展示される。
2015
公益社団法人二科会の主催する「二科展・第100回記念展」に初応募で初入選し、東京六本木・国立新美術館に展示される。
嶋岡みどり

嶋岡みどりMidori Shimaoka

1987年生まれ。
小学生から増田絵画教室に通い、そのまま大学入学まで通い続けた。各種コンクールで賞を獲得し、将来有望と目される。高校に入ってから通信教育及び長期の休みの間の講習を利用して河合塾美術研究所で学ぶ。絵を描くのがきわめて速いことと、色彩についての確かな感覚をもつことには定評がある。

  • 京都日本画家協会員
  • 院展研究会員
2010
京都造形芸術大学美術工芸科日本画コース卒業。
2011
第10回佐藤太清賞公募美術展入選。
2012
京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術表現専攻(修士課程)卒業。
2012
第67回春の院展入選。幽玄・優雅そのものでありながら、自然環境についてのメッセージをも含む大作で評価を得る。
2013
秋の院展 本展入選。
2014
JR大阪三越伊勢丹にてグループ展を開催、絵を販売。