増田雅予

増田雅予Masayo Masuda

1954年生まれ。
大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業。アカデミックな美術の技法を学ぶ一方で、現代美術作家としても活躍。
大学在学中に高校・中学の美術の教師の資格と、博物館学芸員の資格を取得。大学卒業後は、ヨーロッパの高級ファッションブランドのデザイナーとして勤務し、商業デザインの方法について学ぶ。

1979
増田絵画教室を設立。以後、30年以上にわたって営業を続け、2万点以上の子どもの作品をコンクールに出品する。
2001
老朽化したアトリエを建て替える。
2006
デザイン業界の進歩とデジタル化に対応すべく、DTP検定Ⅰ種(プロフェショナル)を取得。(出版・広告・印刷等のグラフィックデザインのための資格。)
2008
県内のカルチャーセンターで「子ども絵画」講座を開講。
2014
全国公募美術団体である現代美術家協会の主催する「現展・第70回記念展」で奨励賞。抽象表現の可能性を探求した作品で評価される。東京六本木・国立新美術館に展示され、大阪市立美術館にも展示される
2015
全国公募美術団体である現代美術家協会の主催する「現展・71回展」で会友推挙。東京六本木・国立新美術館に展示され、大阪市立美術館にも展示される。(以後連続入選する)
増田和子

増田和子Kazuko Masuda

1980年生まれ。
3歳から増田絵画教室で絵を学び、大学卒業まで教室でデッサンに打ち込む。教室経営を助けるべく、二科展をはじめ各種絵画コンクールに応募を続け、大臣賞等、数々の賞を獲得。

1999
国立奈良女子大学文学部附属高等学校卒業。
2004
京都大学法学部卒業。在学中及び卒業後5年にわたって、同大学法学部の教授秘書として勤務。
2006
京都大学法学部法学研究科専門職学位過程(法曹養成専攻)卒業。
2008
「子ども絵画」を県内のカルチャーセンターで開講。(2018年まで)
2010
「子ども工作」を県内のカルチャーセンターで開講。ノウハウを確立し、後任講師に引き継ぐ。(講座は2017年度まで開講)。
2010
増田絵画教室の改革に着手。
2012
「鉄鋼スラグと海と森」絵画コンクールで優秀賞。サイエンス・アートを評価される。
2013
「ピクチャーラック」の特許を取得。販売を開始。安くて便利な絵画展示・収納用具として好評を得る。
2014
中小企業庁の「小規模事業者持続化補助金」を獲得し、教室ホームページをリニューアル。      
2015
全国公募美術団体である現代美術家協会の主催する「現展・第71回展」に入選し、東京六本木・国立新美術館に展示され、大阪市立美術館にも展示される。
2015
公益社団法人二科会の主催する「二科展・第100回記念展」に初応募で初入選し、東京六本木・国立新美術館に展示される。(以後連続入選)
2018
増田絵画教室・橿原校を新たに開設

〒633-0073 奈良県桜井市茅原576-2

アクセス方法はこちら

  • 過去の主な入賞記録
  • メディア掲載情報
  • 作品集
  • 最近の進路状況
  • ピクチャーラック
  • 大人クラスのご紹介
  • 美術系高校をめざす方へ
  • 今月の教室便り
PAGE TOP