美術系高校をめざす方へ

  • 当教室は、奈良県立高円高等学校をはじめとする美術系高校入試の実績を持っています。当教室は、奈良県立高円高等学校をはじめとする美術系高校入試の実績を持っています。

  • 各中学での指導を大切にしながら、主に実技を中心とした受験指導を行っています。各中学での指導を大切にしながら、主に実技を中心とした受験指導を行っています。

当教室の美術系高校入試に対する考え方当教室の美術系高校入試に対する考え方

中学生(1年生)透明コップのデッサン

当教室の美術系高校入試に対する考え方 高校入試で出題される鉛筆デッサンやイメージ表現の問題を解くためのテクニックを教えるだけではありません。
小学校レベルの内容についても、必ず一度は振り返って復習する機会を持つよう心がけています。
必要なことを学んでいないことは実によくあります。だから全員に今一度、何が使える知識で何が誤解してきたことなのか、何が知らなかったことか確認してもらっています。
知らないことは決して恥ではありません。
多くの場合、教える側と教わる側に「まさかこんなことがそんなに重要とは思わなかった」の繰り返しと積み重ねがあったというだけのことなのです。「うすうす知ってた」ことを「確信をもってやる」ようになりましょう。
その上で、中学校で学習した内容について実技で知識を応用できるようになれたらそれに越したことはありません。

中学生(2年生)物語のイメージを絵に描いた作品

1枚でも多く描くことが経験となります
絵は、経験がすべてです。数多く描けば、作品が自ずと作者の行くべき道を指し示します。
また、単純に入試対策だけするのではなくて、バリエーション豊かに色々と描いてみて、自分の表現の引き出しを増やしてほしいです。
そこで様々な絵画コンクールに応募してもらったり、高校のイベントに参加してもらったりして、進路についての考えを深めるように促しています。
中学3年間という非常に限られた時間ではありますが、できるだけたくさん描いてみましょう。